検索の開始

AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法

はじめに

デフォルトで、ビデオファイルの変換はシングルパスモードで実行されます。このプロセスが終了した後ビデオを再生するとき次の問題を見つけることができます:

  • シーンの間のトランジションは不自然であって、目に見えます(複雑なフレームからもっと静的なものにシャープで予期せぬ変化のせいです。そして、逆の場合も同じです。);
  • 最も動的なシーンは"正方形のブロック"で構成されるようになります(そのようなシーンは静的なものと比べたら、それ以上のビットレートか以下の品質の量子化値を必要とします)。

この問題を克服するためにマルチパス変換を適用するべきです。それをすぐに AVS Video Converter ですることができます。ただ、以下のステップに従います:

ステップ 1: AVS Video Converter のダウンロードとインストール

ダウンロードするためにここ をクリックします。ダウンロードが完了したら、 AVSVideoConverter.exe ファイルを実行し、インストールウィザードの指示に従います。

[トップに戻る]

ステップ 2: 変換のためのビデオファイルのロード

変換したい動画を選択するには、入力ファイル名フィールドの横にあるブラウズ...ボタンをクリックします。開いた Windows エクスプローラのウインドウで必要なビデオフォルダを参照します:

AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 2

注!: 入力が DVD ディスクである場合は、ソースファイルにパス (X:\Video_TS\Video_TS.IFO) を選択する必要があります。「X」は、DVD が保存されているハードディスク・ドライブ・フォルダか DVD-ROM です。他のビデオ形式にホームDVDを変換するに関して、 オンラインヘルプ セクションを見ることができます。

[トップに戻る]

ステップ 3: 出力形式の定義
注!: それぞれの形式は特定のコーデックを適用します (しかし、時々同じコーデックは別の形式のために使用します)。マルチパス変換をサポートしていないコーデックもあります。ここでは、AVS Video Converter によってマルチパスが適用できるいくつかのコーデックのリストです:
  • DivX (追加インストールする必要があります);
  • XviD (追加インストールする必要があります);
  • MPEG4 (DivX/XviD と互換性);
  • H.264/AVC.

変換するようにマルチパスコーデックが使用できる出力形式を間違いなく設定するためにAVIにMP4にMOVに もしくは 3GPにをクリックします:

AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 3

[トップに戻る]

ステップ 4: 適切なビデオコーデックの選択

例えば、出力形式として AVI を選択しました。詳細設定>>ボタンをクリックします:

AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 4

変換オプションタブが表示されます。出力ファイルセクションのビデオコーデックのコンボをドロップダウンして、マルチパス変換をサポートされているコーデックを割り当てます。

AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 4

[トップに戻る]

ステップ 5: マルチパス変換の第1段階
注!: マルチパス変換は二段階で実行されています。第一段階のとき変換はまったく実行されていません。第一段階のとき入力ビデオファイルのフレームを分析します。結果の情報はデフォルトで .pass 拡張子の統計ファイルに保存します。この段階の後で一つの出力ビデオも作成されません。

マルチパス変換の第1段階を開始するために、コーデックを割り当てるように使用したコンボの右にある詳細設定>>ボタンをクリックします。

AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 5

コーデック設定のウインドウが表示されます。コーデック設定ウインドウの最初のタブにあるコード化のタイプのコンボで次のオプションを選択します:
  • MPEG4 (DivX/XviD と互換性) コーデックを割り当てたなら:

    2パス - 最初のパス:

    AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 5

  • H.264/AVC コーデックを割り当てたなら:

    マルチパス - 最初のパス:

    AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 5

どのコーデックを割り当てたかとしても、変更を保存するようにコーデック設定ウインドウのはいをクリックします。

メインウインドウの今すぐ変換!ボタンをクリックして、分析プロセスが終了するまでお待ちください:

AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 5

[トップに戻る]

ステップ 6: マルチパス変換の最終段階の用意
注!: 2番目(最後)の段階は第一段階のときに作成された統計ファイルの情報を使用しています。それで、統計ファイルのために自分のディレクトリを割り当てたなら、実際の変換セッションの開始の前にファイルはまだ現在していることを確認してください。そうでなければ、マルチパス変換を適用できません。

コーデック設定ウインドウをもう一度開きます:

  • MPEG4 (DivX/XviD と互換性) コーデックを割り当てたなら:

    コード化のタイプのコンボをドロップダウンして2パス - 2番目のパスオプションを選択します。制限要因の基準(ビットレートかファイルサイズ)を定義できます。デフォルトでボタンの上にビットレートのラベルが表示されています。必要な数値を設定します:

    AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 6

    必要なファイルサイズに依存する品質にしたいなら、適切なモードにスイッチするためにビットレートボタンをクリックして、目的のサイズボタンの横にある編集ボックスに適切な数値を入力します:

    AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 6

  • H.264/AVC を割り当てたなら:

    コード化のタイプのコンボをドロップダウンしてマルチパス - N.パスのパスオプションを選択します。目的のビットレートトラックバーのスライダーを移動することによって必要なビットレートを定義します:

    AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 6

どんなコーデックを選択しても、変更を保存するようにはいをクリックします。変換オプションタブがまた表示されます。出力ファイルセクションで変換するようのビデオのためにパラメータを設定します。

[トップに戻る]

ステップ 7: 出力ディレクトリの指定

最終段階を開始する前に結果のファイルを保存するためのディレクトリを選択するべきです。それをするように下のブラウズ...ボタンをクリックします:

AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 7

結果を保存するためのディレクトリを指定して保存をクリックします:

AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 7

[トップに戻る]

ステップ 8: マルチパス変換の開始

マルチパスモードで現在の変換を開始するようにもう一度今すぐ変換!ボタンをクリックします:

AVS Video Converter でマルチパス変換を実行する方法。ステップ 8

プロセスの完了をお待ちください。変換されたビデオを保存先のフォルダで見つけることができます。それをメディアプレイヤーで再生して、シングルパスモードでエンコードされた同じビデオの品質と比較できます。

[トップに戻る]

現在のバージョン: 10.1.2.627ファイル サイズ: 63.07 MBプラットフォーム: Windows 10、8.1、8、7、XP、2003、Vista
(Mac OS/Linux は未サポート)
AVS Video Converter
をダウンロードする

AVS4YOU に登録 し、 www.AVS4YOU.com にリストされている製品の 1 つを購入すると、他のすべての製品を 無料 でサイトから入手できます。つまり、同じシリアル番号を使用して 他のすべてのソフトウェア を無料でインストールし、制限なくご利用いただけます。
AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリ アルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

このサイトはCookieを使用しています。当Webサイトの利用により、Cookieの使用に同意されたものとみなします。