検索の開始

レタッチツールによって画像の一部のクローンを作成する方法

はじめに

ときどき、画像にある特別な物をコピーして、同じ画像以内にある他の場所に貼り付ける必要があります。AVS Photo Editorレタッチツールを使用して、そのタスクを簡単に実行できます。

ステップ 1: AVS Photo Editor のダウンロードとインストール

ダウンロードするためにここ をクリックします。ダウンロードが完了したら、 AVSPhotoEditor.exe ファイルを実行し、インストールウィザードの指示に従います。

[トップに戻る]

ステップ 2: AVS Photo Editor の起動と編集する写真の選択

AVS Photo Editor desktop icon最初に、AVS Photo Editor を起動します。そうするには、デスクトップで該当するプログラムアイコンを見つけて、それをダブルクリックします。 インストールのときデスクトップアイコンを作成ボックスをチェックしなかった場合、プログラムをスタートメニューで起動できます。スタート > すべてのプログラム > AVS4YOU > Image > AVS Photo Editor を従ってください。

プログラムは起動されたあとで、ウインドウの左側にあるブラウズタブをクリックします。フォルダセクションでは、コンピュータのファイルとフォルダ構造を表すフォルダのツリーが表示されます。必要なフォルダを開くために、それを左クリックします。編集する画像ファイルがあるフォルダの内容がウインドウの下部にあるパネルに表示されます。そして、それはプレビュー領域にサムネイルとして表示されます。必要な画像をダブルクリックすると、それはすべてのプレビュー領域を占めて、表示されます。

写真から赤目現象を削除する方法 ステップ 2

[トップに戻る]

ステップ 3: レタッチツールの起動と画像の編集

画像をダブルクリックで選択して、編集タブは開かれます。レタッチボタンを見つけて、レタッチツールを起動して、それの設定を開くために、レタッチボタンを左クリックします。

レタッチツールによって画像の一部のクローンを作成する方法 ステップ 3

そのあとで、プログラムウインドウの中心にるプレビュー領域以内で画像の上にマウスカーソルを乗せると、それの傍らに適用領域が表示されます。

レタッチツールによって画像の一部のクローンを作成する方法 ステップ 3

レタッチボタンをクリックして、レタッチツール設定は表示されます。必要がある場合、次のパラメーターを変更することができます:

  • サイズを使用して、適用領域のサイズを選択できます。設定する値が高ければ高いほど、ツールの適用領域は大きいです。
  • ソフトネスを使用して、適用領域の不透明度を選択できます。

レタッチツールによって画像の一部のクローンを作成する方法 ステップ 3

設定を調整するために、インジケーターをスライダーに沿ってドラッグするか、または、キーボードを使用して、スライダーの隣にあるフィールドに必要な値を入力して、Enter を押します。結果はプレビュー領域で見ることができます。

ツール設定を調整したあとで、適用領域は画像にある物の一つを覆うように、それの上にマウスカーソルを乗せます。そして左マウスボタンをクリックして、それを押したまま、必要な所に移動します。適用領域で覆われた画像の一部はコピーされて、他の所に移動されます。

注!: 便利のために、プレビュー領域以内で編集されている画像を拡大もできます。そうするには、マウスホイールを使用するか、プログラムウインドウの下部にあるズームインボタンをクリックします。

レタッチツールによって画像の一部のクローンを作成する方法 ステップ 3

望むようにレタッチツールを実験することができます。結果に満足しなかった場合、最後の編集操作を元に戻すために、元に戻すボタンをクリックするか、またはオリジナル画像を復元するために、リセットボタンをクリックすることができます。そのボタンが編集タブの下部にあります。

[トップに戻る]

ステップ 4: 編集された写真の保存

必要な写真が編集されたあとで、それを保存することができます。そうするには、プログラムウインドウの左上隅にあるメインメニューファイルセクションをクリックします。

写真から赤目現象を削除する方法 ステップ 4

ここで保存オプションの一つを選択できます:

  • 保存を使用して、編集された写真を同じ名前と同じフォルダに保存できます(その場合、ソース画像ファイルが置換されるのを注意してください);
  • 名前を付けて保存を使用して、編集された写真を別名もしくは別のフォルダに保存できます。

名前を付けて保存オプションをクリックしたあとで、別の名前を入力して、ファイルの場所を選択するために、次のウインドウが表示されます:

写真から赤目現象を削除する方法 ステップ 4

ファイル名フィールド以内で名前を入力して、左にあるナビゲーションボタンもしくは保存ドロップダウンリストを使用して、場所を選択します。そしてウインドウの下部にある保存ボタンをクリックします。

これは以上です!簡単に赤目現象を削除して、写真を修正できます。

[トップに戻る]

現在のバージョン: 3.0.3.157ファイル サイズ: 13.42 MBプラットフォーム: Windows 10、8.1、8、7、XP、2003、Vista
(Mac OS/Linux は未サポート)
AVS Photo Editor
をダウンロードする

AVS4YOU に登録 し、 www.AVS4YOU.com にリストされている製品の 1 つを購入すると、他のすべての製品を 無料 でサイトから入手できます。つまり、同じシリアル番号を使用して 他のすべてのソフトウェア を無料でインストールし、制限なくご利用いただけます。
AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリ アルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

このサイトはCookieを使用しています。当Webサイトの利用により、Cookieの使用に同意されたものとみなします。