検索の開始

AVS Audio Editor によってオーディオトラックの上に声を録音する方法

はじめに

マイクに小説を読むとき、バックグラウンドとして美しいメロディーを使用するのことがあります。または、ピアノを弾くのを録音して、作成された音声ファイルの上にいくつかのメモを入れたいことがあります。 AVS Audio Editor を使用して、それをすべて容易にすることができます。

ステップ 1: AVS Audio Editorのダウンロードとインストール

ダウンロードするようにここ をクリックします。ダウンロードが完了したら、 AVSAudioEditor.exe ファイルを実行し、インストールウィザードの指示に従います。

[トップに戻る]

ステップ 2: AVS Audio Editor を起動し、編集のためにオーディオトラックを選択

AVS Audio Editor デスクトップ アイコン最初に、AVS Audio Editor を起動します。そうするために、プログラムに対応するデスクトップアイコンを見つけて、それをダブルクリックします。 インストールするときはデスクトップアイコンの作成ボックスをアンチェックすると、プログラムをスタートメニューから起動することができます。 スタート > すべてのプログラム > AVS4YOU > オーディオ > AVS Audio Editor を辿ってください。

プログラムが起動された後で、開く...ボタンの上側の領域をクリックします。 ファイルを開くウィンドウはポップアップした後で、必要な音声ファイルをブラウズできます。 ファイルを見つけるとすぐに、それをダブルクリックします。そうすれば、そのファイルはプログラムにロードされます。

AVS Audio Editor によってオーディオトラックの上に声を録音する使用方法 ステップ 2

[トップに戻る]

ステップ 3: 録音の設定を調整

音声ファイルがロードされているとすぐに、ツールタブを開いて、録音設定を調整するために、録音ボタンをクリックします。

AVS Audio Editor によってオーディオトラックの上に声を録音する使用方法 ステップ 3

ここで一般的な録音設定を速く調整できます。そうするために、入力のデバイスを選択し、テストし、バランスとゲインを設定します。録音オプション詳細設定ボタンをクリックすると、同じパラメータといくつかの追加の録音設定を設定できるようになります。

その後、オプションウインドウの録音タブは表示します。入力ドロップダウンリストにコンピュータサウンドカードのマイク入力に接続したマイクを選択します。

注!: Windowsの録音デバイスのリストを開くために Windowsの録音コントロールボタンを使用して、プログラムのインターフェースから直接に必要なデバイスを有効化または無効化して、それのプロパティを調整することができます。

マイクを選択したあとで、次の録音設定を調整できます:

  • バランスは右と左チャネルの音量の差の設定です;
  • ゲインはデバイス入力のラウドネスの設定です;
  • 録音モードでは新しい音声を録音したい方法を選択します: オリジナルの音を置換するか、またはオリジナルの音を使ってミックスすることができます;
  • 録音パスは録音された音声が保存されるファイルを指定します。現在のファイルに録音を追加するために、現在のファイルに録音を開始オプションを選択します。

開いたタブの詳細設定...ボタンをクリックすると、詳細なプロパティーウインドウが開きます。ここでマイクの型によっていくつかの詳細な設定を調整することができます。その設定の詳細情報のためにハードウェアの文書化を参考してください。

注!: いくつかの設定はオペレーティングシステム、サウンドカード、マイクデバイスなどによって無効であることができます。

AVS Audio Editor によってオーディオトラックの上に声を録音する使用方法 ステップ 3

[トップに戻る]

ステップ 4: マイクのテスト

録音設定を調整したあとで、マイクは正常に動作しているかどうか確認するように、それをテストします。 そうするには、デバイスのテストボタンをクリックします。

標準の口調で話します。 マイクに直接に話す必要がなくて、ただ普通に話します。特別なボックスの中にある青い行が移動することによってマイクが声を拾得したという意味です。各行はチャンネルに応じます。

テストを終了したいとき、テストを停止ボタンをクリックします。そして変更を適用するためにはいをクリックして、オプションウインドウを閉じます。

AVS Audio Editor によってオーディオトラックの上に声を録音する使用方法 ステップ 4

[トップに戻る]

ステップ 5: 選択されたオーディオトラックの上に声を録音

今は声の録音を開始することができます。そうするために、プログラムウインドウの下部にある録音ボタンをクリックします。 録音プロセスは開始します。

AVS Audio Editor によってオーディオトラックの上に声を録音する使用方法 ステップ

右にある音量のインジケータは録音中にマイクからの信号のレベルが十分に強いのであるかどうか表示します。

録音プロセスを停止したいとき、プログラムウインドウの下部にある億音を停止ボタンをクリックます。

注!: 録音プロセスを管理するためにプログラムウインドウの上にある録音のコントロールグループのボタンも使用できます。

AVS Audio Editor によってオーディオトラックの上に声を録音する使用方法 ステップ 5

現在、結果の音声ファイルを再生できます。それをするには、オーディオトラックを最初から再生するために、前のマーカーへボタンをクリックして、再生ボタンをクリックします。結果に満足していない場合、最後の編集動作を元に戻すために、編集タブにある元に戻すボタンをクリックします。

AVS Audio Editor によってオーディオトラックの上に声を録音する使用方法 ステップ 5

それは以上です! 選択されたオーディオトラックに声を録音することがすごく簡単です!

[トップに戻る]

現在のバージョン: 8.4.4.521ファイル サイズ: 29.95 MBプラットフォーム: Windows 10、8.1、8、7、XP、2003、Vista
(Mac OS/Linux は未サポート)
AVS Audio Editor
をダウンロードする

AVS4YOU に登録 し、 www.AVS4YOU.com にリストされている製品の 1 つを購入すると、他のすべての製品を 無料 でサイトから入手できます。つまり、同じシリアル番号を使用して 他のすべてのソフトウェア を無料でインストールし、制限なくご利用いただけます。
AVS4YOU® プログラムを使用して、保護されたマテリアルをコピーすることはできません。著作権を所有するマテリアルや著作権の所有者からコピーの許可を受けたマテリ アルをコピーする際にこのソフトウェアを使用できる場合があります。

このサイトはCookieを使用しています。当Webサイトの利用により、Cookieの使用に同意されたものとみなします。